ぬ語について

ぬ語と云ふのはな行を”ぬ”に替へて喋る事で
るしあなの騎士ならたとえ二流でもたしなむべきもので
どんなに生まれがよからうがぬ語もできない騎士は騎士に非ずと云はれるくらゐである

何でもぬにすれば良いと云ふものではなくて
そこはぬ語のセンスが問はれる
『何かね』と云ふのを『ぬぬかぬ』なんて云ふのは野暮であつて
『ぬにかね』くらゐがいゝ

コーディリア・那津目との談話

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中