装甲騎兵スカイリム第8叩


やあ、私だよ
久しぶりだね
元気だったかい?

こっちかい?
こっちはね・・・
相変わらずいろいろあったんだ
聞いてくれるかい?

三人目の騎士を召還したんだ
前に集めた九大神の騎士の鎧を着るにふさわしいのは
きっと九大神の騎士たちの
想いの具現化したものなんじゃないかって思ってね
クリックすると大きくなるようにしておいたよ

九大神の騎士-ナインを召還したよ

これで3人の騎士を呼んだことになるね
戦力としては十分かな

ホワイトランでさまざまな仕事をこなした私は
ある日
ふとリフテンに行くことになったんだ

そうしたらいきなり知らない人に
声をかけられてね・・・
どうも一方的に話し続けるから
やれやれ・・・と思ってね
後で知ることになるのだけど
盗賊ギルドの勧誘だったんだ

盗賊ギルドというのは
ずいぶん湿っぽい薄汚い所だったよ
長居するのが嫌でね・・・
一生懸命に働いたんだ

彼らにしてみれば金になる仕事なのかもしれないけど、
私にとって金銭的な問題は存在しないから
ある意味スリリングなゲームみたいなものだったね
私は欲しいものはこうすればすぐ手に入るからね
(指を鳴らす)

ところが途中から話が変わってね・・・
ギルドの中心的存在だと思っていた男が
実はギルドに背信的な行為を続けていたことが明るみになってね
おいおい、そんな備えで大丈夫か?
とギルドの連中に嫌味の一つでも言ってやりたかったよ
まぁ危うく私も命をとられるところだったから
お互い様かな・・・悪人の癖に人がいいのかもしれないね

・・・
そもそも盗賊ギルドというのはクズの集まりみたいなものだが、
身内を決して裏切ったりはしないものだ
それをあの男、名前をなんと言ったかな・・・
まぁ、いい
ギルドを統べる立場にいる男が
あろうことかギルドを裏切ったんだ
その報いを受けさせる必要に駆られてね・・・
後半は盗みどころじゃなかったよ
まぁ、いただくものはいただいたんだけどね

ファルメルはかつてスノーエルフと呼ばれていたらしい
そのかつての繁栄の姿をほんの少しだけ
垣間見ることができたよ・・・

ギルドへの背信及び彼女、
名前をなんて言ったかな
まぁ彼女は盗賊の守り神という感じなんだけど
彼女への背信とを
あの男に死という形で償わせたんだ
かなり情けをかけてやったつもりだよ
彼女に会うのも久しぶりでね・・・
なんて言っていいか
よくわからなかったよ

盗賊は一人で活動することが多いから
あまり仲間の騎士について触れることができなかったね
また機会があれば
彼らの話をしたいと思ってるよ

最後に
ハイフロスガーからの景色を
見てもらおうか
とても・・・綺麗だったよ

旅を続けているうちにたくさんの人と出会って
その人たちの想いがまるで
おのおのの糸が交じり合って一本になるかのように見える
そんな人の想いとか運命とか
そういうものをながめながら
旅を続けるとしよう

じゃあまた、連絡するよ
うん
明後日?そんな先の事はわからないな・・・

そうそう、収録後に目が光る装備って話で
仲間の騎士たちと盛り上がってね
彼がどうしても自分がつけるって言うんだ
そうしたら
なんだかロボットみたいに見えてね
笑ってしまったよ

またね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中